おすすめしたい少女漫画〜田村由美先生・BASARA〜

久々にドハマりする少女マンガに出会いました!!!

田村由美先生のBASARA。
(戦国BASARAとは全く関係ありません。笑)

1990年9月から1998年6月まで連載された漫画なので、
絵の感じ?タッチはとても昔っぽいですが、
そこがまたキレイなんですよねぇ。。。

あと物語が( ・∀・)イイ!!

詳しく行きましょう♫



スポンサードリンク






BASARA


あらすじはこちら。
高度な文明が20世紀末に滅びてしまい、日本は王の一族によって支配されるようになっていた。その後、国民は、暴君の圧政に苦しみ続けてきた。そして300年の時が過ぎた。山陽地方の白虎の村に双子の兄妹が生まれた。兄の方はタタラ、そして妹は更紗(さらさ)と名付けられた。兄のタタラは暴君の圧政から人民を救う“運命の子”と予言され、村人だけではなく、王族に反感を持つみんなの希望を託されていた。ところが、赤の王の軍勢に村を襲われて、タタラは殺されてしまう。妹の更紗は、タタラの死を隠すために自らタタラとなり赤の王への復讐のため、立ち上がった。その時から、つらく長い戦いの旅が始まり…。

文明崩壊後の日本を舞台にした架空戦記というジャンルらしいです。
一見、少年マンガかな?と思いますが、少年漫画を超えるスケールのドラマを
少女マンガらしいラブストーリーがめちゃくちゃ絡んできます。

主人公の更紗が恋に落ちた相手は、憎むべき赤の王だった・・・
それを知らずに物語はどんどん進んできます。

革命を企てる更紗は赤の王にとっても敵で、
でもお互いを心の支えに各々の復讐のために進んでいきます。

バレそうでばれない。これがもうハラハラなんです!!!
そしてバレるタイミングが絶妙。

はぁああ!ここでばれるの!!!みたいな。

ここで、みなまで語らないので、ぜひ読んでほしい・・・


キャラが好きすぎる


様々なキャラが出てきますが、全て愛おしすぎます。
そして美しい。。。

わたしの推しは、浅葱と迷いに迷ってたけど、
最終的には揚羽一択です。笑



「誇り高き砂漠の青い貴族」と呼ばれる遊牧民「風の民」の生き残りで、
幼い頃の更紗が赤の王に襲われているのを助けて、左目を犠牲にします。

その後も更紗のピンチには絶対に駆けつける、ほんとヒーロ的な存在。

かといって更紗の護衛?というわけでもなく、
ほんとに放任なところがまたいいんです。。。

とても強いし、頼りになるのに、昔占い師に言われた「命を懸けられる程の女に出会う」っていう予言を
信じて探してるのがわたし的に可愛いところです。笑

まとめ


久々に少女マンガにドハマリしたのでご紹介させていただきました!
昔のマンガ、いいですね。。

もう青春胸キュンマンガを読む歳ではないっていうのに気づき始めちゃいまして、、、笑
ベルばらとか、ガラスの仮面とか読み出そうかなって思っちゃいました。

これもおすすめだよ〜〜というものがあればぜひ教えてください♫

Kindle版もあります!



今回の記事はどうでしたか・・・?


現在、仕事と両立しながらブログ運営しています。

そのため、更新は不定期ですが、
読者登録、応援ポチポチして頂けると
更新の励みとなります!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ   



ぜひよろしくお願いしますm(_ _)m

SNSは、、インスタグラムも更新中です。
合わせてチェックお願いします♫

スポンサードリンク




Share:

0 コメント